Webむろみん 室蘭民報電子版

2022年1月25日(火曜日)

  1. トップ
  2. むろみんホットニュース一覧(大雪情報)
  3. 胆振あす12日、大荒れ JR一部運休、交通障害注意を
写真:むろみん便利帳 暮らしガイド 【西胆振】生活編
写真:むろみん便利帳 暮らしガイド 【西胆振】防災編
写真:開港150年・市制施行100年記念 特別対談
写真:むろみんデジタルムービー(むろみんスポーツLIVE)へ
写真:おくやみ広告

2022/01/11 22:30大雪情報

胆振あす12日、大荒れ JR一部運休、交通障害注意を

記事写真メイン

季節外れの雨の中、傘を差して歩く市民=11日午後1時35分ごろ、室蘭市中島町

 急速に発達した低気圧が接近する影響で、胆振地方は12日明け方から夜にかけ、大雪や強風など大荒れになる見通しだ。室蘭地方気象台は午後8時32分、登別市と白老町に大雪警報を発表した。同気象台や各自治体は、交通障害や電線への着雪による停電に警戒を呼び掛けながら、不要不急の外出を控えるよう訴えている。

 同気象台によると、胆振地方の12日午後6時までの24時間降雪量は、山間部で最大40センチ、平地で同30センチ。最大風速は陸上で16メートル(最大瞬間風速30メートル)、海上で23メートル(同35メートル)。波の高さは最大で4メートルの予想。

 JR北海道は12日の始発から午前9時台までの特急すずらんや特急北斗の計10本の全区間運休を決めた。また、普通列車は長万部-苫小牧間の広い範囲で昼ごろまで運転を見合わせる。

 道路は11日午後5時現在、国道276号の美笛峠をはじめ、道道洞爺湖登別線、白老大滝線の峠区間が吹雪のため通行止め。いずれも開通の見通しは立っていない。

 低気圧接近の影響で気温が上昇し、室蘭で最高気温4・1度を観測するなど、胆振管内の9観測地点で今年最高だった。最大瞬間風速は室蘭と苫小牧で22・7メートルを観測した。

 場所によっては季節外れの雨が降り、降り始めから午後5時までの降水量は登別カルルスで29・5ミリ、室蘭で8・5ミリを記録。室蘭市中島町では傘を差す市民の姿が見られた。特急北斗など計4本が運休した。

あなたにおすすめのニュース

写真:安全なおすすめドッグフード
写真:ナイトブラおすすめランキング
写真:カードローンおすすめ比較隊
写真:北海道でパーソナルジムを探すなら QOOL
写真:共同通信社
写真:日本新聞協会
写真:47NEWS
写真:北海道ニュースリンク