Webむろみん 室蘭民報電子版

2021年9月17日(金曜日)

  1. トップ
  2. むろみんホットニュース一覧(苫小牧)
  3. トヨタ自動車「カローラクロス」 全国で一斉発売
写真:むろみん便利帳 暮らしガイド 【西胆振】生活編
写真:むろみん便利帳 暮らしガイド 【西胆振】防災編
写真:おくやみ広告

2021/09/14 22:30苫小牧

トヨタ自動車「カローラクロス」 全国で一斉発売

記事写真メイン

「カローラクロス」を紹介するトヨタカローラ苫小牧の畠山邦彦専務取締役営業本部長=14日午後、同社とまこまい店

◆―― シリーズ初のSUV 市内でも記者発表会
 トヨタ自動車(本社愛知県)は、カローラシリーズで初となるスポーツタイプ多目的車(SUV)「カローラクロス」を発表し、14日から全国の同社ディーラーで一斉に発売した。胆振管内でも同日、トヨタカローラ苫小牧(本社苫小牧市)とネッツトヨタ苫小牧(同)の2社で記者発表会を開いて新車をPRした。

 カローラクロスは、誕生から半世紀を超えるカローラシリーズ初のSUVとして話題を集めている。排気量は全車1・8リットルで、ガソリンとハイブリッドの2タイプを用意。上質感と躍動感を両立したデザインに加え、最新予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を標準装備とした。

 北海道地区の車両本体価格は、205万6200円(Xグレード、FF)~323万7500円(Zグレード、4WD)。価格は消費税込みで、リサイクル料金など諸費用は別途必要。

 トヨタカローラ苫小牧は同市柳町のとまこまい店で発表会を開催。畠山邦彦専務取締役営業本部長はあいさつで「ハイブリッドFF車で1リットルあたり26・2キロとクラストップレベルの低燃費を実現しました」と述べ、力強い走行性能と低燃費の両立をPRした。

 ネッツトヨタ苫小牧は同市新開町のキテネッツ館で内見会を開き、神能孝広取締役営業本部長はこだわりのポイントに「ゆとりあるラゲージ、アクティブで都会的なデザイン、軽快なフットワーク、安心サポート機能の充実、先進の安全機能」などを挙げ、高いユーティリティーを強調した。

記事写真1

「カローラクロス」をPRするネッツトヨタ苫小牧の神能孝広取締役営業本部長=14日午後、同社キテネッツ館

あなたにおすすめのニュース

写真:安全なおすすめドッグフード
写真:ナイトブラおすすめランキング
写真:カードローンおすすめ比較隊
写真:共同通信社
写真:47NEWS
写真:日本新聞協会
写真:北海道ニュースリンク