Webむろみん 室蘭民報電子版

2021年4月10日(土曜日)

  1. トップ
  2. むろみんホットニュース一覧(室蘭)
  3. アパホテル胆振初オープン
写真:むろみん便利帳 暮らしガイド 【西胆振】生活編
写真:むろみん便利帳 暮らしガイド 【西胆振】防災編
写真:おくやみ広告

2021/03/31 22:40室蘭

アパホテル胆振初オープン

記事写真メイン

華やかな雰囲気になった1階フロントと元谷社長

室蘭、日帰りやテレワーク対応 地元客も利用しやすく
 室蘭市中島町の「アパホテル〈室蘭〉」が3月31日、オープンした。ホテルサンルート室蘭からのリブランドで、全面改装を実施。胆振管内初のアパホテル誕生に、アパグループの元谷一志代表取締役社長が立ち会い、「長らく出店エリアの候補に入っていた。ウポポイのある白老や苫小牧も含め、観光客も十分アクセスしやすい環境。アパホテルを利用したことがない人も、一度足を運んでいただきたい」とPRする。

 道内のアパホテルでは札幌(9店舗)、函館、帯広(各1店舗)に続き、12店舗目。客室(93室)には、大型テレビ、オリジナルベッド、照明スイッチ類を集約した枕元集中スイッチ、ミラーリング機能、無料見放題のビデオ・オン・デマンド(VOD)を導入した。

 ロビー・フロントには、全ての予約経路に対応した自立型自動チェックイン機、同ホテル公式アプリのチェックイン専用機を導入。朝食バイキングは、地元の農水産物を使用。地元客も気軽に利用できるよう、日帰りやテレワークプランなどの販売も行う。

 運営は、同ホテルとフランチャイズ契約を締結した室蘭ホテルシステム(櫛引秀明代表取締役)。現場を指揮する猪村裕美宿泊支配人は「ホテルは接客第一。皆さんに笑顔が届けられるようなまちづくり、スタッフづくりをしていきたい」と意気込みを語る。

 元谷社長は、室蘭への出店について「国内有数の工業地帯だが、アパホテルの空白域でもあった。多くのお客さまがネットで検索して、アプリでチェックインする時代。フランチャイズのオーナーと組んで空白域を埋めていくのは一つの経営方策」と述べた。

 アパホテル室蘭については「華やかなホテルに仕上がった。アパホテルは進化するホテル。今の最上のサービスが5年後にも最上とは限らない。お客さまのニーズ、テクノロジーの進化に沿って改革していきたい」と抱負を話していた。

あなたにおすすめのニュース

写真:安全なおすすめドッグフード
写真:ナイトブラおすすめランキング
写真:北海道ニュースリンク
写真:共同通信社
写真:47NEWS
写真:日本新聞協会